« 2010年10月 | トップページ | 2012年10月 »

2011.07.19

西宮市への緊急質問書(2011年7月19日)

      放射能汚染された牛肉流通問題について緊急質問書

 先日も丁寧なご回答ありがとうございます。
 放射能汚染された牛肉が流通している問題で、下記のとおり緊急に質問させていただきます。私たちは、その他の食材も「検査すり抜け」の可能性は否定できないと考えています。
 市民の不安を解消するために、至急(7月21日までに)回答願います。

1.西宮市内に保管されていた牛肉から放射性セシウムが検出された経過を教えてください。
(1)今回、どこが検査を主導して、どの機関が検査して、どこが発表したのですか。
(2)「西宮市によれば、毎日200gを1年間食べても健康に影響はない。」という報道でしたが、どのような根拠で「健康に影響がない」と発表しましたか。
 おそらく被曝計算をされたと思われますので、その計算内容の詳細を教えてください。
 また、放射線に対する子どもの感受性は大人の数倍と言われていますが、被曝計算においてどのように考慮されましたか。

2.今回のように産地の検査をすり抜けて入荷されてくる食材があると思われます。
 食材の「出口」だけでなく「入口」でも検査体制が必要だと考えますが、特に、保育所や学校給食等の食材の検査体制はとらないのですか。
 すでに、関東等のかなりの自治体、京都市でも検査が始まっていることはご存じのことと思いますが、念のために書き添えます。

3.日本の食品に適用されている暫定基準が国際的にみて非常に高い(欧州の基準から比べると1ケタ高い基準になっている)ことについて、どのようにお考えですか。
 放射線に対する子どもの感受性は大人の数倍と言われています。つまり、基準値以下であっても安心できない、という考える親はたくさんいます。保育所や学校給食等の食材については、西宮市独自で欧州並みの基準を適用すべきであると考えますが、いかがですか。
 西宮市として、放射能汚染の可能性がより少ない食材を仕入れる努力をすべきであると考えますが、そのような努力はされますか。
 http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

| | コメント (0)

2011.07.18

西宮市からの回答についての問題点(2011年6月1日)

西宮市からの回答をいただいたことは評価しますが、こちらからの質問についてわざと回答を避けているように思われてなりません。

1.兵庫県立健康生活科学研究所が測定していることは、既に承知のことです。
 (参考) http://www.hyogo-iphes.jp/
 このような質問をさせていただく立場のものが知らないはずはありません。
 →「西宮で測定して欲しい」という質問なのに、なぜしないのか理由がありません。

2.「出荷制限の対象となっている食材」を使っていないのは当たり前でしょう。
 →「放射能を含んだ産地の食材」について質問なのに、そのことについて回答になっていません。
  日本の基準値は海外に比べて非常に高いので、海外では危険な食品として出荷できないようなものが出回っている問題があります。また、「検査すり抜け」の可能性も否定できません。そこを問題にしているのです。
 (参考) http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

| | コメント (0)

西宮市からの回答(2011年5月31日)

 平素より本市行政にご理解・ご協力いただきありがとうございます。

 1点目について、環境監視グループより回答いたします。
 本市による放射線量の測定とデータの公表を実施していく計画はないのかとのことですが、現在兵庫県下では、県の機関である兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センターで、常時、環境中の大気等の放射線量の測定を行っており、市民の皆様からの原発事故に絡む放射線量等のお問い合わせについては、当機関をご案内しております。
 当機関は文部科学省の委託により放射線量の測定を行っているもので、大気や雨水、水道水の他、野菜の放射線検査も独自に実施しておりますので、本市が独自に放射線量の測定やデータの公表を実施していく計画はありません。
 なお、調査地点及び当機関の問い合わせ先は下記のとおりです。

(調査地点)
 大気・雨水:兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センターの屋上
 水道水:神戸市内 蛇口水
(問い合わせ先)
 兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センター
 〒652-0032 神戸市兵庫区荒田町2-1-29
 TEL:078-511-6640
                              (環境監視グループ)


 2点目について、学校保健グループ及び保育所事業グループより回答いたします。
 西宮市の学校給食では出荷制限の対象となっている食材は使用しておらず、市場を通して安全の確保された食材を購入しております。
 なお、幼稚園では給食を実施しておりません。
                             (学校保健グループ)


 ご質問のあった給食食材について、西宮市公立保育所給食にて使用している食材の大半は関西以西を生産地としております。
 また、今回の原発事故に関して新聞等で報道された、原子力災害対策特別措置法第20条第3項の規定に基づき出荷制限指示のある福島・茨城・栃木・群馬県産のほうれん草及びカキナや福島県において産出された原乳の使用は一切ありません。
                             (保育所事業グループ)

 3点目及び4点目について防災対策グループより回答いたします。
 本市の津波ハザードマップは兵庫県のシミュレーション結果を用いて、南海地震時に襲来する津波の被害想定を行ったものです。また、放射線物質事故に関する対策については、関西広域連合防災担当である兵庫県が原子力災害対策の再検討を表明しており、本市でも兵庫県の動向を随時、確認し計画を作成していくところです。電力会社に対しては、関西広域連合が原子力発電等に関する緊急申し入れを行っており、西宮市もこれに賛同するものであります。
 次に、災害に対する備えですが、備蓄については3日分を目安に水・食糧をご用意下さい。大災害時には流通が回復するまでに3日かかると言われております。また、避難に関しては、日ごろからお近くの避難所や避難経路などを確認し、災害時には徒歩での避難をするようお願いいたします。先般の東日本大震災でもありましたが、車による避難は渋滞等が発生し、被害が拡大する恐れもあります。備蓄品のリスト及び避難所については、同封の「西宮市防災マップ」を参考になさってください。
                              (防災対策グループ)

【お問い合わせ】
西宮市
 環境監視グループ (0798)35-3809
 学校保健グループ (0798)35-3863
 保育所事業グループ (0798)35-3176
 防災対策グループ (0798)35-3546

| | コメント (0)

西宮市への質問書(2011年5月22日)

 東日本大震災により、原発事故が起こりその被害は甚大なものになってきています。

 西宮市でも被害はいずれ及ぶものであると不安を持っています。
 そこで質問なのですが、以下4点について、5月31日までに回答をお願いします。

1.環境安全のチェック・広報という意味で、花粉や光化学スモッグなどの測定による数値をホームページで公表されていますが、ぜひとも、西宮の放射線量の測定とその結果を毎日公表してほしいと思います。また、雨が降ったときに、降下物としてどの程度の汚染された雨水になっているのかも公表してほしいです。近々測定と公表の計画はあるでしょうか?

2.放射性物質を含んだ食物をとると、内部被ばくします。特に子供たちにその影響が大きいと聞いています。西宮市立の保育園・幼稚園・小中学校の給食には放射能を含んだ産地の食材は使われていませんか?微量であっても積み重なると怖いです。

3.西宮市防災のホームページで、次の地震の確率が出ていました。その際の津波に対するハザードマップはありましたが、敦賀の原発が破壊された時の被害予想と市民を守る計画はどのようになっているでしょうか?実際に起こっていることなので、想定外とすますことはできず、しっかりと計画を立てておくべきだと思います。
 避難・食料・水の確保など、どうしたらいいか、教えてください。

4.自然災害は、未然に防ぐことはできないと思いますが、原発事故については、今すぐ原発を止めることで防ぐことができます。「地震や津波でも安全」と言っていた電力会社の論理は破たんしています。西宮市として、「安全性が確認されるまでは原発を止める」という要請を電力会社にしていただけないでしょうか?

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2012年10月 »